セミナー情報・講師派遣依頼

セミナー

<<地域疼痛ケア協会主催オンラインセミナー>>

地域疼痛ケア協会では、定期的なセミナーによる触診技術および知識の提供を行っています。
今回は、テニス肘をテーマにお届けします。

テニスやゴルフなどで繰り返し動作をすること、または仕事で重いものを持ったり、赤ちゃんを抱いたり、
そのような繰り返しの負担によってテニス肘は生じてしまいます。
また、中年以降に発生しやすいという特徴もあります。
要因としては外側上顆に新生血管が増殖することだとも言われています。
しかも血管だけでなく神経線維も一緒に増えてしまうため、これが主な痛みの原因になります。
一般的には、ものをつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。
生活の様々な場面で痛みを生じさせるこの症状を緩和することができるかもしれません。

このテニス肘に関して、山崎先生独自のPTM触診法™とミオとヘムの貼付について、皆様と学びを深めていきたいと思います。

今回のセミナー講師も、理学療法士でもある山崎瞬先生にお願いしました。
山崎先生の経験に基づく深い知識や正確な触診技術を事前に、お手元にお送りいたします試供品を使いながら、しっかりとお届けいたします。

また、今回もレクチャー動画を、講師と参加者が共に視聴しながらの進行を考えています。
これにより、リアルなセミナーでは他の参加者がいて見えにくかった部分も、動画で見ることで、より鮮明に見えるというメリットもあります。

質問なども適宜受けながら、参加型セミナーとしていきます。 

以下イベント詳細です。

日時:2021年10月3日(日)

   14:00~16:00

方法:ZOOMによるオンラインセミナー

定員:20名(先着順)

参加費:無料
お申込みはこちら

   *試供品郵送の手続き上、振込みの場合は3日前までにお願い申し上げます。

お問合せ:apcc1210@gmail.com

SCHEDULE

2021.10.22 Friday