Welcome

 団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年を前に、社会情勢がますます混とんとする中、我々医療従事者も各々の立場で地域住民の暮らしをより快適にするためにどのようにそのスキルを活かすことができるのかがますます重要になってまいりました。

また、筋骨格系疼痛は国民生活基礎調査の中でも有訴率の上位を占め、適切な治療、予防が求められております。

 

そこで触診と適切な機能解剖学的評価に基づき皮膚刺激ツールを代表とした安全で効果的な痛みケア手法の開発・研究・教育等を通じて普及させるとともに、予防を含めたケアや日常生活に貢献することで、公益に寄与することを目的に地域疼痛ケア協会は設立されました。